第1回第2回

ガイアエデュケーション2020第1回レポート(2020/4/24-26)

<テーマ>
世界観:一つの世界、意識の変容
社 会:一人一人を尊重するコミュニティ、新しいリーダーシップ、 コミュニケーション


●印象に残ったこと、理解が深まったこと、自分の中で起きた変化など

コミュニティ作りには、ゼロベースで会話が出来る土壌作りが重要と分かりました。(60代男性、村田育生)

自分がこれはもうわかっている、と思っていたことに気付けたこと。自分の考えは、自分の経験したことに根差しているということを改めて実感したこと。そしてそれは他の人の話を聞くことで起きたということが印象に残りました。(40代男性、無記名)

自分が思っていることを発言するということに対する恐れを発見できました。その恐れは自分自身の中のどのようなところから来ているのかを辿っていきたいと思います。(20代男性、S.M.)

フィールドも経歴も様々、年代も住む場所も多様なみなさんが、真摯に探究をするために集まってきているということに本当に希望を感じ嬉しくなりました。ありがとうございます。人類の可能性を信じてみたくなりました。(40代女性、S.S.)

やっぱり本心を言うのはドキドキする。そもそも自分が思ってる本心は本当に本心なのか。自分を知らない、人間を知らない。今までの経験や感情をジャッジしないで、1つの事例として捉えて探求していくと、何か新しい発見ができそうな気がする。(30代女性、N.A.)

人を尊重するとき、自分も尊重してあげたい。人の中に自分もいるんだなあ〜
何か、心というか体の中にわいてくるようなものがあり、ザワザワしています。
自分を理解してもらいたいんだなあ〜って思っていることへのきづき
理解してほしいというか、わかって欲しいとおもっているけどどうしたらいいのか?
人のことが気になる
人へ自分のおもいを伝えるのが苦手(50代女性、T.K.)

Koshaさん、辻さんの話のなかで、このZoomを使うという人間の「知性」をどう、「ハート」に着地(グラウンディング)させていくのか。今、やっていることが新時代のテレパシーのトレーニング。その先駆けになっているようで、新しい挑戦が面白くなってきそう。(40代女性、高橋美央)

自分の本心とつながって、心を開いて人と繋がって安心した関係性を作っていきたいとか、自然や地球と繋がって生きていきたいということを学び、行動していきたいという方々と出会えて、話し合えたことがまず、とてもうれしかったです。コミュニティを創っていきたいという人生の大きな夢をどう扱ったらいいか、そこで止まっていたのですが、心の整理や頭の整理を少しずつ進めることができて、前に進んでいけそうな希望が見えてきました。(40代女性、Y.H.)

「一人一人を尊重する」の中に自分も含まれていることを、まずは自分を大切にして自分とつながることを大切にしたいと思った。私は今、何を感じているのか?思っているのか?考えているのか?同じに反応しているのか?一つ一つ丁寧に見ていきたい。「本心」「本当の願い」に対して今まで抵抗を感じていたけれど、無理に見つけなくてもいいんだよ、という話を聞いて安心したというか、気が楽になった。それぞれの人がそれぞれの世界で生きている中で、見え方や捉え方は当然違ってくるという話を聞いて、他の人はどう見えているのか、どう捉えているのかを知りたくなった。これまでは違うから分かり合えないと思っていたけれど、純粋にどうなっているのかを知りたい感じになった。(30代女性、M.F.)

いざ他人の前で本心を話すのはこわかった。そもそも日常から自分の本心をしっかり見つめられてなかった。普段から人の目を気にしていることに気づいてた。人付き合いが苦手で、価値観の近い身近な人としか普段関わらないが、あらためて人はそれぞれの世界観で生きているということを感じた。(20代男性、K.B.)

「本心」「安心」「心から」「繊細」「自由」「あるがまま」などなど、、
よく目にするその単語に対して、いちいちひっかかってしまう自分がいました。
それは、自分の中にまだまだ深い怒りと悲しい闇がしっかり残っていたことにもつながり、めちゃくちゃ驚いています。
「みんなが安心して本心を話せる」っていうアズワン によくでてくる言葉にもやもやし、気づいたらすごく怒っていました。
言葉のひっかかりを観察して、自分なりに片付けてきたのですが、こういうことって一人でやるもんじゃなかったんですね。
本心を探求することって、誰かに手伝ってもらわないとできないらしい。。ということは、今までやってきたのは自己完結か。。結構それは大きなショックです。
私今まで何やってきたんだろう。
誰かとしっかり心の対話をすることなく、数年を過ごしてきたように思います。
コミュニティ作るとかどうとかよりも、まずはもういっかい自分の棚卸しを丁寧にやって行こうと思います。(40代女性、E.U.)

自分のアイデアやいくつもの夢は、それぞれの1本の木ではなく、豊かな森のようなものなのかもしれない。そのアイデアや夢の具現化は、本質で関わり合える人との繋がりや学び、実践が必要で、その豊かな森を形成するのは、もしかして「コミュニティ」というものなのかもしれない??? 気づきがあり、そして、問いや探求は続きます。(40代女性、S.T.)

他者を尊重することについて、メンバーの考え、そして小野さんの話を聞くことでより深くイメージすることができました。(40代男性、勝田潔)

ZOOMだったけど、話を聞いていく内に少しずつ距離が縮まっていくのが感じられて嬉しかった。
一人一人を尊重するとはどういうことかを探究していく内に当時はフタをして忘れようとした辛いことを思い出し、あの時、自分は尊重してもらえなかったから、傷ついたんだなと理解できたし、同時に自分が相手を尊重できていなかったこともあるなと省みるきっかけになった。
普段はどうしても”人はどうか”という所にばかり関心を寄せてしまいがちだけど、”自分はどうか”をしっかり考えることも大事なことなんだと気づく事ができて良かった。本当の心の声を聴くこと、大事!(20代女性、A.N.)

起点の美しさ、シンプルさ、人のもつ可能性(30代男性、無記名)

様々なコミュニティを主催または参加する中で起こってくる対立を、どうしたらなくせるのか?アズワンの方達のコミュニティの在り方にとても興味があった。
コーシャさんや辻さんや小野さんの講義はすごく希望に溢れていたし参考になった。
3日間、自分の内面と静かに向き合い、それぞれの想いに触れ、あっそれ私もあるある!と響いてくる感情や、自分の思い癖、捉われなど次々に湧き上がってくる感情に蓋をせず、ジャッジせず、観察する時間はとても面白く豊かな時間だった。
そして、まだ直接お会いできていないけれどこうして繋がった方達と、これからどんな場ができていくのかすごくワクワクしています。(50代女性、平山早苗)

印象に残ったこと
自分の中のとてつもない量と深さの決めつけや刷り込みを、見ていく事の先の長さと、軽くなるであろう、この先への楽しみ。
後は、私自身が息子、家族、元職場の人たちや、子供たちに決めつけや、押しつけをしてきたのではないか?という、申し訳ない思い。
ありのままで人を見たい、尊重したいので、まず自分のありのままにしっかりと向き合いたい。
小野さんのお話で、渦の中に入ってしまっている私が、思考が、こだわりが、決めつけがetc…ほぐれていくのでは?渦から脱出できる?私のありのままに辿り着けるのでは?と期待が持てました。
皆さんよろしくお願いしますね!!(50代女性、無記名)

初めてお会いする方ばかりなのに、似たような考えや感覚、関心の方向性を持っている方が多く、安心感があり不思議な感じがしました。
3日間でみなさんの顔も覚えられ、画面越しでも親みが湧いてきて、楽しくお話を聞くことができました。
それぞれの感覚を言葉で語られる様子を見て、本当に多様な世界を感じ、豊かさをおすそ分けしてもらったように思いました。
一緒に探求できる仲間、サポートしていただける環境があること、このようなご縁に恵まれたこと、とても有難く感じています。
現地で合宿ができなかったのは残念だったり、オンライン上のコミュニケーションが難しく感じることもありましたが、自宅で安心した心境で受講することができたのはよかったです。
2日目、3日目、朝目覚めた時に、今日もまたみなさんと会えるんだーと思うと、一人じゃない、繋がってる感覚があり嬉しかったです。
これから学んでいこうという志の方たちだからこそ、話せることがあり、とても充実した時間でした。
コロナの影響を受け、今まであった日常が送れなくなり、これからの不安もある中、気持ちの焦点を変えるとこんなにもワクワクしたり希望を持てるのだと感じました。
また、2日間のしあわせの経済学も一緒のタイミングに受講することができ、感想をシェアしたり共通認識を言語化したり、リンクして発見があり、よかったです。
対話の中では、みなさんの話を聞くことで自分の中に眠っていた気持ちが思い出されたり、代弁してもらえたような嬉しさがあったりしました。
不思議と、ふと子供のころの出来事が思い返されることがあり、そこに何かヒントがあるのだろうなぁと思いました。
様々な立場、経験から基づいた意見を聞くことで視野が広がりとても勉強になりました。
また、ガイアのみなさんが一緒にルームに入って、相槌を打ってくださったり暖かい反応をくださったので、話しやすかったです。
まだ緊張してうまく言葉が出ない場面もありましたが、少しずつ解けていったらいいなと思います。
話し合ったテーマについては、自分の中での目指したい方向、心地が良いと思える方向と、実際の行動にギャップがあると感じました。
目標を立てて努力して達成する…というような方法ではなくて、「自然とそうなる」にはどうすれば良いのか考えています。
サイエンズメソッドについて
幼い頃から社会の「前提」についていつも疑問を抱いていたのですが、そのようなことは誰に聞いてもしっくりくるような返事やヒントはもらえず、(あるいは「余計なことは考えるな」と怒られ)大人になってからは疑問を投げかけること自体が非常識・神経質な人と思われ、本を読めば同じ考えの理論はたくさん見つけ出すことはできたものの、実際に話し合う人は少なく、もどかしい日々を送っていました。
フィクションであることは分かりつつ、その世界に生きつつその世界に魂を束縛されない、その世界でも調和を保って生きていく方法を探していきたいと思っていました。
これから掘り下げていけることが楽しみです!
今は始まったばかりで大きな変化はまだ感じれないでいますが、この感想をまとめている間にも新たな疑問が湧いてきているので、
いろんなスイッチが押されたように思います。
そして、こういうことを「考えてもいいんだ」と自分を肯定してあげることができて、本当に嬉しく思い、心がスーッと広がった感じがします。
スペースが空いたような。息がしやすくなったような。
何かが始まった、船出のような感覚もあります。
これからどんな航海が始まるのか、ドキドキワクワクいろんな感情が入り混じっています。(30代女性、F.A.)

ZOOMだったけど、話を聞いていく内に少しずつ距離が縮まっていくのが感じられて嬉しかった。
一人一人を尊重するとはどういうことかを探究していく内に当時はフタをして忘れようとした辛いことを思い出し、あの時、自分は尊重してもらえなかったから、傷ついたんだなと理解できたし、同時に自分が相手を尊重できていなかったこともあるよなと省みるきっかけになった。
普段はどうしても”人はどうか”という所にばかり関心を寄せてしまいがちだけど、”自分はどうか”をしっかり考えることも大事なことなんだと気づく事ができて良かった。本当の心の声を聴くこと、大事!(20代女性、A.N.)

東京から群馬に移住して、変わったことは豊かな自然に出逢えたことと、人との交流(異なる考え方)が減ったことです。
今回、色々な地域から想像もつかなかった考え方を知れたことはとても楽しかったです。
自分が伝えたかったことが上手くまとまらず、「そうそう!それを伝えたかった」。と言うことが、多々あり伝わる大切さを改めて感じました。
今働いている会社だと、意見を言っても伝わらなかったり、抑えられたりすることが多いのですが、この場所だと、考えがまとまっていなくても話せる「場」の空気がとても心地よくて、そんな社会が広がればいいなと思いました。(40代女性、M.O.)

 


●疑問に思ったこと、質問したいこと、これから理解していきたいことなど

サイエンズを理解、浸透させる方法を知りたいです。(60代男性、村田育生)

今後のかかわりで自分に起きる変化、その前の反応、対応などを楽しんでみたいと思いつつ、意図をもって主体的に働きかけをしたいと思いました。(40代男性、無記名)

素直で正直なあるがままの状態で世界と関わっていくとはどういうことなのかを理解していきたいです。(20代男性、S.M.)

コミュニティを構成するひとりひとりの多様性を認めながらも、コミュニティ全体としての健全さ幸福さとはどのようなものか。そしてそれはどうやって実現できるのか。(40代女性、S.S.)

なんでコミュニティを作りたいのだろう。なんで気持ちや価値観をシェアしたいんだろう。(30代女性、N.A.)

これから理解していきたいこと、やってみたいことはScienz methodの探求体験ですが、Zoomだとその全体像を捉えるのは難しいかな。心に残った学び。尊重するとは、自分を含めること。その先をさらに深めていきたい。反応からではない、内からの静かなグラウンディング。根っこをしっかりと張っていくと静かで優しい集合意識に潜っていけそう。と同時に、俯瞰的に見れたら、自分も楽になっていきそう。(40代女性、高橋美央)

おもいや感じ方の核になるようなところが違う人との関わり方
核が違う人と関わらなければいけない?
人との関わり方には、距離感がそれぞれ違ってもいいのでは?
植物や生き物との関わり方が違う人との接し方や伝え方がわからない、、、
自分のおもいを伝えてもあいてに理解してもらえる?難しさ
ゼロの状態で人とかかわるときの感覚を味わいたい。(50代女性、T.K.)

本心とはなんですか?
との問いに対して、明確な答えをもらえなかったこと。
それは明確に答えがないということなんだと思いました。
私の本心を知りたいです。
だいたい私はなんで「コミュニティ作りたい」って思ったのか、本当にそれが必要なのかもめちゃくちゃ疑い始めています。(40代女性、E.U.)

日々の暮らしの中のたくさんの場面で、サイエンズメソッドが実践できるような学びも深めていきたいです。(40代女性、S.T.)

自分らしさ(自分らしい振る舞い)と社会(集団)の調和については、まだ自分でも居心地の良い距離感が掴めなかったです。
また、これからのテーマとなるのかもしれませんが、社会における個人の「その人らしさ」と「役割」、および競争の無い社会における個人の「技術・能力」の扱いとそれに関連する子どもへの教育について、個人的には理解を深めていきたいと思っています。(40代男性、勝田潔)

鈴鹿コミュニティのことを知っていけたこと。なぜ、鈴鹿だったのかはもう少しお聞きしたかったです。鈴鹿が長く続いているベースにサイエンズメソッドがあるのが前よりわかってきて、さらにその学びもしてみたいと思いました。(40代女性、Y.H.)

これまでもオンラインのワークショップを受けてきた経験があります。リアルでもシェアオフィスの運営をしているときに、そこでいろんな方がワークショップをしてくれたので、一緒に受けてきました。
それらは理解を深めるための仕掛けがいろいろとあったりするのだけども、今回受けてみて、もちろんいろいろ考えてされていると思うのですけども、そこまで作りこんでいない印象を受けました。なので自分のこれまでの体験からすると、どこまで意識の変容に繋がるのかな?と思っていたのですが、今終わってみると、凄く変わられた方が多くいて、あぁ、人が本来持っているものを呼び起こすのは、実は難しくないのかもしれない。難しくしているのは人の知性、ちゃんとそれぞれに持っているんだな~と、可能性に驚きました。
一般的な概念で、ワークショップとしての質の上げようはあるのかもしれませんが、こう、不純物が少ないことで、引き出せるものもあるのだなと感じたので、造りこまないというのは実は、その人の可能性を引き出すのにいいのかもしれません。ワークショップとしての質の上げることが、その場の雰囲気に飲み込まれ、自分の本質から遠ざかってしまうというのかな。そういう感覚はいろんなワークショップを見てきて感じていたので、自分にとっても新しい発見でした。
知識やスキルで不純物を増やさずに、心が通じ合う事で本質が自然と開いていくものなのでしょうおか。引き続き、体験して深めていきたいことです。(30代男性、無記名)”

本心と向き合う習慣を身に着けるためにはどうすればいいか。どうすれば他人の目を気にしなくなるか。心に浮かんだことをうまく言語化する方法。(20代男性、K.B.)

これから、みんなのこともっと知りたいし、自分ともさらに深く繋がってコミュニティの在り方、自分自身の在り方を探求していきたい。(50代女性、平山早苗)

サイエンズセミナーに積極的に参加して、サイエンズを理解したいです。
腑に落としたいです。
聞くことも話すことも苦手ですが、伝えるまで理解し、納得したいです。(50代女性、無記名)

・ワークショップでよくあるのですが、発言しようと言葉をまとめると、頭優先になってしまって、うまく素直な本音が出てこなくなることがあります。
頭から始めて掘り下げるのではなく、心から自然と思い・感情が沸き起こる体質?になる為に、ガイアエデュケーションの方々は日頃何か意識していることはありますか?
(例えば、自然に触れるとか、体を動かすとか、日記を書くようにしているなどなど。)
・これから理解していきたいこと
「一人一人を尊重する」のテーマで感じたことですが、
自分が「尊重されていない」と感じる時、内面で何が起きているのか理解したいと思いました。(30代女性、F.A.)

どうしても誰かと喧嘩になったり、空気が悪くなるのではないか、という恐れから、話し合うということを避けてしまいがちだから、そこをどうしたら、恐れなくなれるのかを理解していきたい。(20代女性、A.N.)

それぞれの世界で生きている中で、「一つの世界」というのが実感としてよく分からない感じです。(30代女性、M.F.)

昨日、ひろりんとあんちゃんと話していて、自分はこの時こう思った。感じた。という自分の感情を知ること・深めることは徐々に理解し始めているのですが、それを相手に知ってもらうとか、相手がどう感じているかとか、お互い嫌悪感のないコミュニケーションの取り方を知りたいと思いました。(40代女性、M.O.)

 


●その他なんでも(気になったことなど・・)

自分と、一人一人と、コミニティーと、ガイヤは、繋がっているし、アズワンですね!(60代男性、村田育生)

誰かの話を一方的に聞くことが苦手で、講義中は自分の時間とバランスを取りながらグループと関わっていきたいです。(20代男性、S.M.)

普遍的なテーマと並行して、今この時期だからこそ考えられるテーマ(新型コロナウイルスとの共生、アフターコロナetc)についても話せたらいいかなと思いました。(40代女性、S.S.)

一人一人を尊重するとは。本心とは。まだまだ自分に問いかけ中です。、自分に問いかけてます。対人関係で、相手の言ったことを個人的に受け取らないで、相手の世界があるんだなぁ、という視点から見ると楽になる。(50代女性、T.K.)

実際の鈴鹿の現場で、その場にいる方々と接したり、話を聞いたりすることができなかったのはやはり残念ではありました。 対面でできなところのZoomでの運営は、試行錯誤しながら進めていくしかないので、参加者と共に進めていけたら。長時間の長丁場になる場合、少し途中に何かメリハリをつける工夫があるといいかも。それぞれ、お茶を飲む。お茶の紹介(ジャスミン茶、アールクレイ、〇〇産のダークコーヒーとか)それぞれの匂いを想像する。音、動作を同時にやってみるなど。話合いのペース配分はいいと思います。(40代女性、高橋美央)

ZOOMでの講座はどこでもドア!みたい(笑)会えない分語り合いたいつていう思いも強くなるような〜(40代女性、高橋美央)
人がつながる関係性は、自然に学ぶということ。(40代女性、E.U.)

参加者が発言中は、参加者にスポットライトしたままが良いと思います。ファシリテーターが相槌を打ってくれることで話しやすくなるのですが、スマートフォンの人の場合には一画面なので、ファシリテーターに画面が遷移してしまうことがあると思うので。(40代男性、勝田潔)

zoomの参加で、リアルに会えない残念さはありましたが、私もリアルだと受け取る情報が多くなりすぎるので、まず、Zoomで繋がれたのは楽な部分もありました。(40代女性、Y.H.)

自分の中にどう落としていくか。(30代男性、無記名)
スタッフの皆さんありがとうございました。不安があったなか皆さんの言葉に助けられたりしていました。(20代男性、K.B.)

辻先生も皆さんもこのコロナの中のzoomガイアは貴重な体験と言われますが、やっぱり合宿とは、深さが、濃さが全然違うと思いました。合宿がいいです。(50代女性、無記名)

コーシャさんが22日に「週末エコビレッジをして、平日もとの世界で過ごしていては意味がない」とおっしゃっていたのが印象的で、本当にその通りだと思ったのですが、 どうしても環境によって人の気持ち、行動は影響されてしまうので このような話し合いの場を継続させていくことが重要だと思います。 中間の対話があるのも、とても有難いと感じています。 3日間お世話になり、ありがとうございました! 来月も、楽しみにしています。 どうぞよろしくお願いいたします(○´v`○)(30代女性、F.A.)

心に残った学びは、視野が広がったことです。私は、感情に左右されないフラットな人、と言われます。自分の感情に蓋をしているのか、本当に本心から感じているのかが知りたくなりました。(40代女性、M.O.)

ガイアエデュケーション2020第2回レポート(2020/5/22-24)

<テーマ>
世界観:社会参画型の精神性 
社 会:一人一人を尊重したコミュニティづくり コミュニケーション 新しいリーダーシップと意思決定


●印象に残ったこと、理解が深まったこと、自分の中で起きた変化など

相手の話を聴くということが相手の本心に寄り添うという、より深い理解になりました。また自分の本心と寄り添うことで、相手の本心と寄り添いたいという自然な気持ちが湧き出てきました。相手を通して自分自身の中にある優しさを思い出したようで、とても嬉しかったです。本心で繋がる関係性には安心感があり、喜びがあり、日常の些細な人との関係性の中にずっと探し求めてきたものを発見したような気分です。(20代男性、S.M.)

「身近な人と私は話し合えているか?」という問いから始まり、「なぜ話し合えないんだろう?」と「人を聴く、とは?」から「何でも聴き合えるお互いから生まれる世界とは?」への一連の2回目を通して、自分のなかでの今のところ行き着いたのは、まず一番身近な人=「自分」と話し合えてるか。を見直すところからでした。自分で自分への評価やジャッジがある時、それがブロックになって、なかなか本来の自分へも辿り着けなかったりすることがあるな。と気づき、自分がそんな状態のドラマの中にいたら、自分のことでいっぱいいっぱいになっている状態でましてや他者を聴くスペースがなかったら、それは本当の「聴いてる」ことではなかったな、と思います。
ソーヤ海くんの講座でも印象的だったのは、「自分に思いやりを。まず、完璧じゃなくていいから、自分と和解することから。」と言うところが印象的でした。
自己探究の旅路が今の私のテーマに沿っているところにいるので、行き着くところ、まず「自分の本心を知っていくこと」「自分を知ること」「Know Thyself」かー。と着地した感じです。そこに辿りつくプロセスを一緒にやっていけるのは、楽しいな。自分の中では、ある意味、瞑想して行き着くような理解の境地なのかな、とも。それをリアルに人と交流を介してやっていくプロセスは新鮮だし、可能性を感じます。しかも、対面じゃなくてオンラインで。わー。おもしろーい。
まずは、自分を聴く。
完璧じゃない自分を受け入れて、愛してあげる。ゆるぎと共に。
軽くなって、広がったスペースにやっと他人が入ってこれるスペースができて、本心の交流が始まっていく。
シンプルに軽く、明快になっていく。そんな世界の可能性を感じました。
そう、世界は美しいし1つだから、そこに帰って(思い出して)いくことだった。
自分の中に今、今日の春の空のような、風が抜けていくような感じがするけど、それも言語化できなくても、小さな波紋になるかな。母や猫にも広がっていけるかな。(40代女性、高橋美央)

動植物や物だけを循環させるのではなく、繋がりや活かしあいによって、人間もまた循環していくことの大切さに改めて気がつくことができました。「豊かな心」は、自分の本質や本音を知ることや人を聴くことで養われていくのではないか!?と考えるようになりました。そして、その「人を聴く」ことも「本音を探し・認める」ことも、「聴けている・わかっている」という思い込みでなく、「探求」することでより深く理解し、分断やボーダーをも越えていけるのかもしれない。という可能性にワクワクしました。(40代女性、S.T.)

自分が話せない・言えないのは相手に否定されることが怖いという思いがあるからだとこれまで思い込んでいましたが、グループで探究する中で、「それは本当に否定されているのか?」という視点の気づきをもらい、実際は違うのではないかと思いはじめました。自分のことも相手のことも実際を見れていないのだなぁと実感しました。(30代女性、M.F.)

2日目から3日目の中で、私も沢山の人が変わったなー。と感じました。
私は、理解が深まるところまでいけていないのですが、自分で人の話を聞きたいと思っていながら、自分の考えを相手に押しつけて、勝手に納得していることがよくあったなと思いました。人を聴くことの問いの中で、自分の本質や本心に目を向けてみようと気づきがあり、自分の心に栄養をあげることを忘れないようにしようと思いました。(40代女性、M.O.)

言語という、真実から離れがちで虚構を生みやすいツールを用いて、人々がコミュニケーションを図り相互理解しようとしていることが、人類の大いなるチャレンジであることに気づかされました。その難題に取り組んでいる人々の健気さに愛おしさを感じました。共に探求をしてくれる仲間たちと導いてくださる先輩方に感謝。(40代女性、S.S.)

今までちゃんと考えた事なかったことについて考え、向き合うことで、話し合えていなかった自分やどうしてそうなのかを少しだけど知ることが出来ました。また、人を聴くカレッジの時とは違うメンバーなのに、同じような所に辿り着いたなぁと思い面白かったです。皆さんのお話もとても興味深かったり、共感することが多かったです。
「相手を通して忘れていた優しさを思い出す」だとか、「リメンバー、もう一度自分(メンバー)に戻る」といった言葉は特に印象的でした。(20代女性、中島あゆみ)

自分が感じていることを信頼して、正直に行動していけばいいと思えました。
深いところで繋がりたいという希望、その実現に伴って本心を伝え合っていくことへの恐れや不安を感じるのも、多くの人が感じることで、それを超えて安心できる関係性を築いていきたいと思っていることに共感しあえたのは自分だけではないという、安心感になりました。
また、大きな方向性は同じでも、自分では言葉にできないことを他の方が表現されたり、自分では気づいていない見方を伝えてくれることがいくつもあり、意識が広がるような思いもありました。
ソーヤ海くんの経験からのお話も分かりやすく、参考になりました。
大きなビジョンを持って小さいところから始める。
自分の日常の小さな行動から、それでいいと思えました。
また、家族との関係、夫や子どもたちとの日常もそれぞれの本心はどんなことかアンテナを立てながらもう少し丁寧に関わってみようと思いました。
そして、ふと浮かんできたのは本心に従った行動に後悔はない、ということで、自分と対話して本心を確認しながら行動していこうと思いました。(40代女性、Y.H.)

カイくんの話で元気をもらいました。また、徐々に本心と向き合えていたり、他者と本心で語れるようになっている人を見て、自分もそのような状態に近づきたい!?と、勇気も出てきたような気がします。が、自分はどうしたいんだろ、という問いに急がず向き合ってみようと思います。(30代女性、N.A.)

3日目のアズワンの人のお話動画で、涙が止まらなくなりました。
その動画に出ていたお母さんは、こどもの食事をつくりたい。だからたぶん調理の邪魔をしてほしくなんだけれど、その食事を作るのは、おいしいごはんを食べてほしいとか、元気に育ってほしいと言う愛がありました。
私は幼少期、両親が宿泊業を営んでいてかまってもらえず、話も聞いてもらえず、私はずっと親の邪魔をしているいらない子だと思っていました。
でも「私はあのときの両親の本当の気持ちを知らない」ということに気がつきました。
私が必要とされていないと感じて、苦しみから自分を守って生きるのに精一杯だったので、本当の両親の気持ちに寄り添えるような心境ではなかった。
母が40代の時、よく泣きながら知り合いのおばさんに電話をしていたのですが、きっと母も、本当の自分を探すのに必死だったのかも知れない。
もう、母は亡くなっているので、その時のことを確認することはできないけど、振り返って、その時の両親の気持ちに寄り添いたいと思いました。(40代女性、E.U.)

海さんのお話は興味深く聞けました。今自分がやっている居場所作りの中に取り入れてみたいこととか、実際やっていることもあったけどそこからの発展をどうしたらいいのだろうか?など考えています。色やアートのある町作りやコミュニティーづくりに関わりたい自分を再発見しました。
人を聴くでは、なかなか内容が自分のなかで理解できずモヤモヤ感の時もありましたが、家庭で日々その事への実践の種をもらい、頭で理解出来ないことを体験を通して理解出来たように思います。
最終日には、体と心が軽くなった自分に出会えて嬉しいです。(50代女性、T.K.)

私自身が、自分が本心になるという事、その本心を探り続けて行きたいと思っている事が、今回の大きな収穫です。
やっぱり船田さんは、私の憧れで、本心で話してくださってる空気感が伝わってきて、素敵だなと再確認しました。
自分の中で起きた変化については、母と話してみようと思った事。その事にうちの人が手助けしてくれるのでは?と思い、お願いしてみた事、そして母について家族と話し合えた事がとっても大きな変化です。
海くんのお話では、ティックナットハン師の『自分の心の、何に水をあげるのか?』ワクワクすることに水をあげる。心を豊かに!分かり合いたい!その気持ち、心の動きに最大限の力を!!という言葉が印象的でした。(50代女性、無記名)

人の話を聴くのは好きなので、普段から聴けているはずと思っていましたが
いざ日常生活の会話を振り返ってみると、反射的に答えていたり、相手の背景を考えるゆとりがなく、やり取りをしていたなぁと思い返すことができました。
そのときそのとき、相手の心に寄り添うイメージで聴くことができたら、随分と関係性は柔らかなものになるのではないかと思えたので、早速実践してみようと思います。
神経を使いすぎることなく、自然と身に付けられたら良いなぁと思います。
また「自分はどうしたいのか」という根本の問いかけが抜け落ちてしまっていると、自分の本音が分からなくなり、結果他者との関係性も歪んでしまうのでまず自分に寄り添う、対話することを大切にしていきたいとも思えました。
「○○しないといけない」と思っている、その下にある自分の気持ちはどうなのか。
いますぐに解決できなくても、知るだけで心は穏やかになれると感じました。(30代女性、F.A.)

ソーヤ海さんの講演会は、とても興味のある内容だったので、たくさんの希望あふれる素敵な言葉と活動の様子に終始ワクワクして聞き入りました。
*「自分らしく生きられるビジョン」を大きく描き小さく始める
*自分の心の畑で何に水やりをするのか?
*小さな感謝から始める無差別感謝
*自分が養われる行為をする
*まずは自分を愛する。
*種を播く
アズワンで暮らす方達の体験談の学びは、「人を聴く」ことができると、お互いの安心感ややさしさが生まれ、年齢も時期も関係なく、いつからでも人は変われるのだと感動しました。
私は人の聴けているのかな?と自身に問えば、相手に悪いから、と断れなかったり、無理をしたり、自分の心の声をおざなりにしていました。だから聴いているふりで全然聴けていない。もっと聴ける自分になって、家族や友人仲間とやさしくて温かくて安心できる関係性をつくっていきたいなと思いました。(50代女性、平山早苗)

自分の本質に還り、触れる事の大切さをあらためて感じました。
それは生きている生かされているという事を実感し、源に還る事。
その上で、海さんがおっしゃった「自分の心の水やり」をする事で
新しく美しくpowerfulな種がうまれ、
それが波紋の様に拡がっていく、、
心地良く満ち満ちた愛溢れる世界になるんだなぁーとお話しを伺っていてワクワクしました。(40代女性、無記名)

聴く、探求することが普段からできていないんだなと気づいた。私今のは円滑にコミュニケーションを取ることに気を取られ、相手に耳を傾けることより自分なりに解釈しようとしている。自分の感じたことを整理しないままにしている。ちゃんと話すには聴くには必要な手順を放棄している。人と話す中で自分のことを考えていきたい。(20代女性、M.Z.)


●疑問に思ったこと、質問したいこと、これから理解していきたいことなど

個々人の成長&コミュニティの成長と、地球環境やガイアとの関わりについて、これから見ていきたいです。(40代女性、S.S.)

自分がどのような価値観や善悪などのフィルターを通して世界を見ているのかにもっと気づいてゆきたいです。また、なぜそのフィルターを握りしめているのかも解明していきたいです。(20代男性、S.M.)
どんな人とも対話や聞き合うことはできるようになるのか?育った環境や文化の全く違う人と同じ社会で生きる時、どんな姿勢だったらお互い聞きあえるのか?(20代女性、M.Z.)

自分で探求する際の状況別の方法、チェックリストのようなマニュアルが欲しいです(笑)(50代男性、K.K.)

話せる相手、話せない相手という風に分断している自分に気付いたので、その時の自分の本心やどうしたいのか?という所を理解していきたいです。(20代女性、中島あゆみ)

話合いや人を聴く、大切さはよく確認できたのですが、
これを日常自然と取り組める自分を見つけていきたいと思いました。
それぞれ、丁寧にすると時間もエネルギーもかかるので、日常しょっちゅう、だれとでも、というわけにもいかないように思う自分がいます。(40代女性、Y.H.)

自分の本心に気づく→自分の本心に向き合う→他者に本心で語る→他者と本心で語り合う
自分の探求はよく理解できますが、他者が関係してくるとなんだかもやっとします。どんなきっかけで本心を語りたくなるのでしょう~その先は何があるのでしょう~(30代女性、N.A.)”

自分の本心というか、本当は何がしたいのか?何を感じているのか?を話せないのは、自分で自分のことがよくわかっていないからだなぁとつくづく思います。自分を丁寧にみていきたいという気持ちが強くなりました。自分が何かに引っかかるとき(話せないとき・聴けないとき)は何に反応しているのかを見ていきたいです。その上で、相手の言動の奥にある想いや気持ちを聴けるようになりたいと思います。(30代女性、M.F.)

自分の求めているものに気づいていきたいです。(40代女性、M.O.)

もっと掘り下げて、過去の両親の気持ちに寄り添いたい。
きっとすごく辛い時期だったと思う。
これからは、母のように自分を見失ってしまったり、理解してもらえないと苦しんでいる人の力になりたい。
自分を殺して生きる人を一人でも減らしたい。
どうやったらそういう人になれるのか?(40代女性、E.U.)”

zoomという慣れない、苦手な環境の中でも少しづつ話すことへの緊張がほどけていき、安心出来ていってることを感じました。
話したいこと、伝えたいこと、聴いてもらいたいことがたくさん出てきた場面や、言わなくても満足な場面もあったりしました。
これからの世界で何が出来ていくのか?どんなことができたらいいのか?のみんなの想いなどを聴いてみたいなあと思いました。その中でつながって出来ることが始まれば楽しいのでは?と思いました。
「人や自分自身との関わり」について探求し理解していきたいと思うようになりました。
そして、他人軸ではなく、自分の軸で「私は本当はどうしたいのか?」という自分自身への深い理解と探求が、なんだか面白くなってきています。(40代女性、S.T.)”

自分の本心を探っていくことを充分、存分に体得し、納得をしていきたいと思います。(50代女性、無記名)
人の話を聴きすぎたり、人の気持ちを優先しすぎて自分がどうしたいのかが分からなくなって悶々とすることがあります。
自分の気持ちに気付いた後、他者と心地よい関係性を築く行動にどう繋げれば良いのか理解したいです。(30代女性、F.A.)”

「人を聴く」ということは、相手の心に思いを寄せるだけではなく、自分の心の声を素直に認めて満たしてあげることが大事なのだと感じました。(50代女性、平山早苗)

日常的の中でその都度、自分の本心に寄り添いながら、また家族や周りの人の心にも寄り添い、
関係性が安心し心地良く育てられるよう実践していきたいと想いました。(40代女性、無記名)